筋膜日本初!はがし・パーソナルストレッチの「ストレッチの逹人」

日本初!筋膜をはがすことで筋肉の癒着を改善し可動域を向上させる最高のパーソナルストレッチです

Blu

HOME ≫ ブログ ≫

ブログ

腰痛を解消は安静はNG!!

腰痛解消したいなら”安静はNG”!腰を動かす「これだけ体操」

 

 

image

 

「日本人の8割が一生に一度は経験するという腰痛は“国民病”といっても過言ではありません。その苦しみから解放されるためには、しっかりとした知識を持ち、正しい対処法を知ることが重要です」

 

そう話すのは、腰痛研究のスペシャリストである松平浩先生(東京大学医学部附属病院特任教授)。2800万人ーー。これは厚生労働省研究班の調査による、40歳以上の“腰痛患者”の総数だ。40~60歳の4割が腰痛に悩まされているという。

 

「とくに女性の骨盤は妊娠・出産に適応するため幅広い形になっていて、歩いたり立ったりするだけでも、腰まわりの筋肉やじん帯への負荷がかかりやすい。また、女性ホルモンの影響やハイヒールの着用、育児や家事などで前かがみになって作業する機会が多いことなどから、女性は腰痛になりやすいのです。’12年に世界54カ国で調査した研究では、男性より女性のほうが2割も腰痛持ちが多いと報告されています」(松平先生・以下同)

 

そんな腰痛は、もちろん特定の病気の名称ではない。腰を中心に、背中、お尻に感じる痛みやハリなどの不快感の総称である。そして、大きく2種類に分かれている。

 

「血液検査、レントゲンやMRIといった画像診断で痛みの原因が特定できる『特異的腰痛』は全体の15%にすぎません。あとの85%は原因がハッキリしない『非特異的腰痛』だといわれています」

 

わずか15%とはいえ、特異的腰痛には、重篤な病気が隠れていることも。たとえば、「横になり、じっとしていてもうずく。痛み止めを使っても、頑固な痛みがぶり返す」場合、命にかかわる腰痛の可能性があるため、医療機関を受診して適切な処置を受けたほうがよいそう。

 

「まずは、黄色ブドウ球菌などの病原菌が脊椎に感染して起こる『感染性脊椎炎』が疑われます。抵抗力が低下した高齢者や糖尿病の人は要注意です。また、腰の痛みとともに体重が減っている場合は、がんの脊椎や背骨への転移も危惧されます。がんを発症したことがある人は、とりわけ注意を。早めに受診し、検査したほうがいいでしょう」

 

また、腰痛の85%以上を占めている非特異的腰痛について、松平先生はつぎのように語る。

 

「非特異的腰痛は、とりわけ心配する病気のない腰痛。痛みに対する不安や恐怖がもたらす脳機能の不具合、ストレス、姿勢の悪さなどが影響しています」

 

非特異的腰痛(以下・腰痛)の代表的な例が、ぎっくり腰であり、それが引き金になって長引く腰痛だという。

 

「激痛を引き起こすぎっくり腰は、椎間板の外側を囲む繊維輪や腰の関節周囲の組織の傷にともなうちょっとした炎症。軽いねんざぐらいのものと考えてもいいのです。1~2日は安静にして構いませんが、その後は、痛みの様子を見ながら、体を動かしたほうがスムーズな回復が望めます。3カ月たつと炎症がおさまり治癒するのが一般的。ですが、ぎっくり腰になったときの痛みへの不安や恐怖から“腰を守ろう”とする意識が働き、動かそうとしないでいると、腰の周辺の筋肉が硬直してしまい、腰痛の慢性化を招く、という悪循環に陥ってしまいます」

 

腰を過保護にしてしまうことで、さらなる悪化を招くということだ。では、どのような対策が必要なのだろうか。

 

「非特異的腰痛に安静は百害あって一利なし。可能な範囲で腰をなるべく動かして“腰痛借金”を解消していくことが大切です」

 

そこで松平先生が推奨する、腰を動かす「これだけ体操」を紹介。

 

【基本編】腰を反らす体操

 

(1)足を肩幅よりやや広めに開き、ひざを伸ばし、リラックスして立つ。

(2)両手をお尻にあて、指を下向きにそろえる。

(3)あごをひきフーッと息を吐きながら、「痛気持ちいい」と感じるところまで上体をゆっくり、しっかり反らす。この姿勢を3秒キープしたら、ゆっくり元に戻す。

※「腰痛治療」の場合は3秒キープ10回。「腰痛予防」の場合は3秒キープ1~2回。

 

【逆バージョン】腰をかがめる体操

 

(1)イスに浅く腰かけ、足は肩幅より広めに開く。ひざに手をあて、深呼吸。

(2)腕を下に垂らし、フーッと息を吐きながら、ゆっくり背中を丸める。3秒間この姿勢をキープしたら元に戻す。1~2回でOK。

 

【横バージョン】腰を横に曲げる体操

 

(1)足元が滑らない場所で、ひじから先を肩の高さで壁につく。

(2)両足を最初に置いた位置から2倍離れた位置に移動。反対側の手を腰にあてる。

(3)息をゆっくり吐きながら、腰を壁側にゆっくり“く”の字を意識して曲げ、5秒間キープ。これを左右で同じように行う。左右を比べて、スムーズにできない側があれば、そちらだけ、さらにもう一度5回繰り返す。

※少しずつ押し込みを強めながら左右5秒間ずつ5回×2~3日に1セット程度。

 

「体操とはいえないくらい簡単な動作です。しかし、これを実践することで“腰を動かすのは痛いし怖い”→“多少痛むけど反らすことができた”という感覚になり、脳がリセットされ、腰痛を招いていた恐怖心も克服できるのです。太ももより下に痛みが響くときは、神経が刺激されているサイン。脊柱管狭窄症の可能性があるので、この体操は中止してください」 女性自身ホームページより引用

診断により腰痛の原因が判明しない腰痛の大半が腹横筋がカギ!!

腹筋と言えば割れたビルダー選手のおなかをイメージする方も多いと思います。

腹横筋はその周りを包んでいるインナーマッスルやコアとも言われる所です。
その深部の筋膜の癒着、ねじれによりコアを支える部分が問題です。

それにより骨盤の前傾または、後ろに傾く事で姿勢まで影響を与えてしまい毎日傾きながら歩く事となり軸がくるってしまいます。

女性などでも外反母趾になっている事が楽で元に戻すような事を行うと痛みで耐えられなくなってしまいます。
腰痛の元となる腹横筋の深層筋の筋膜をはがす事をお勧めいたします。

肩甲骨はがし[ヘルスプレス]にて紹介されていました。

いま流行の「肩甲骨はがし」とは? 「肩凝り」の解消効果は本当か?

注:いま流行の「肩凝り解消法」の「肩甲骨はがし」に効果はあるのか?の画像1

いま流行の「肩甲骨はがし」とは?(depositphotos.com)

 最近、「肩甲骨はがし」という言葉を見聞きしたことはないだろうか? マッサージやストレッチ業界の今のトレンドキーワードのようだ。

 そのネーミングからは、多くの現代人が悩む「肩凝り」を治す絶対的な最終手段のようなイメージを抱かせる。想像してもらいたい。何しろ「肩甲骨」が「はがれる」のである――。最初に断っておくが、「肩甲骨ははがれない」。

 「肩甲骨はがし」は、キャッチーな造語だ。身体の専門家からすると、肩甲骨がはがれたら大変なことだ。では、巷で話題の「肩甲骨はがし」とはなんだろう? 

 肩甲骨は「背中にある腕と肩の間の羽のような骨」。この骨の特徴は、関節となる骨は「鎖骨」だけ。ほかは「靭帯」「筋肉」で支えられているという点だ。自由な動きが可能な反面、筋肉で支えられているから、常に筋肉に負担がかかることになる。

 そのため、この筋肉が固まったりすると、肩甲骨が自由に動かせず、「張り付いている」感覚になる。そこで、肩甲骨周りの筋肉をほぐし、その本来の動きを取り戻すことを「肩甲骨はがし」とキャッチーに表現しているのだろう。

なぜ肩甲骨が張り付いたようになるのか?

 前述のように、肩甲骨はほとんどが筋肉によって支えられている。筋肉は動かさないと(=収縮させないと)、血行が悪くなり固まってしまう。すると、肩甲骨はますます動かしづらくなるため、その結果、肩甲骨が張り付く――という悪循環に陥る。このようになる原因はいくつかある。

①姿勢
 肩甲骨周囲の筋肉を使わなくなる原因、そのひとつは「姿勢」だ。たとえば「猫背」。猫背は、胸椎が後弯することで生じる。猫背になると、自然に肩甲骨は外側に移動する。この状態は、そもそも肩甲骨が動かしづらく、当然周囲の筋肉も使えず、ますます<固まる>ことになる。

②筋肉の衰え
 肩甲骨は筋肉によって支えられているため、その筋肉が衰えると肩甲骨周りがすぐに疲れてしまう。また、肩甲骨を支える筋肉は、肩甲骨の上下左右にバランスよく付いている。だが、それが崩れてしまい一部の筋肉で支えるようになると、そこに負担がかかってしまう。

 実際に多いのが、肩甲骨の内側や下側の筋肉が衰えて、上の筋肉だけで支えているような状態だ。肩甲骨を支える上の筋肉は「僧帽筋上部繊維」といい、いわゆる私たちが「肩凝り」を感じる筋肉だ。

 ここがよく疲れている人は、肩甲骨を支える役割を、この筋肉だけで行ってしまっているのかもしれない。

<肩甲骨の張り付き>は肩凝りの原因に

 このように肩甲骨の周囲が固まったり、一部の筋肉に負担がかかると、肩凝りとして重だるさを感じる。

 だから、<肩甲骨がよく動く→肩甲骨周囲の血行がよくなる→肩凝りが解消>となるわけだ。また、肩甲骨周囲の筋肉をバランスよく鍛えると、僧帽筋の負担が少なくなり、肩凝りが解消される。

 肩甲骨周囲の筋肉が固まり、「猫背」の姿勢で呼吸を行うと、自然に呼吸は浅くなる。すると、体中に充分な酸素を送れず、疲れを感じやすくなったり、スッキリしない体調が続くことになる。そんな姿勢では、皮膚や筋肉がたるんでしまい、<張りのない体つき>になる可能性もある。

 肩甲骨を正しい位置に戻すことは、肩凝りの改善だけではく、姿勢がよくなり、見た目もよくなる。「肩甲骨はがし」というネーミングは、当たらずとも遠からずというところだろうか。
                                                                                 ヘルスプレスより引用

足のむくみ解消

パンパンで痩せづらい…お風呂や自宅でできる太もも痩身術とは?

 

そろそろ秋のファッションが気になる季節。太ももが太いとせっかくのオシャレも残念になってしまいます。そこで今回は、自宅でプライベートサロンのような施術が受けられると人気のサービス「TOLISPA(トリスパ)」のセラピストの佐野さんに、しつこいセルライトがついてしまった太ももに効くセルフケアの方法を教えてもらいました!

横くの字ポーズのストレッチ

両手を腰に当て肩幅くらいに足を広げて立ったら、身体をゆっくりと横に倒しましょう。片足を反らし、鼠径部(そけいぶ)のリンパが伸びているのを意識するのがポイントです。倒したままの状態を10秒間キープしたら、これを左右3セット行いましょう。

かかしポーズのストレッチ

両足を肩幅くらいに開いて立ったら、片足の甲を手で後ろから持って膝を曲げます。この時、もう片方の手は何か支えになるものにつかまると安定して良いですよ。太ももの前側の筋肉を伸ばし、リンバの流れを良くすることで、溜まった老廃物の排泄を促す効果が期待できます。

プロポーズスタイルのストレッチ

右膝を床につけたら、背筋を伸ばし両手をひざに置きましょう。そこからゆっくりと左足に体重をかけ、右足太ももの前側を伸ばしていきます。鼠径部(そけいぶ)のリンパも同時にストレッチできるので高い効果が期待できますよ。

ストレッチで血行改善を!

太ももの気になるセルライトは、血行不良により余分な水分と老廃物が溜まって現れます。さらにそこに脂肪が付きやすくなるという悪循環を避けるためにも、日々のストレッチを習慣化することがとても大切です。適度な筋肉としなやかさを取り戻し、流れのよい身体作りを心掛けたいですよね。お家で過ごしているふとした時間など、ぜひ今回ご紹介したストレッチを試してみてください。
hintosより引用

代々木上原プライベートサロン(山﨑専用スタジオ)

ストレッチの達人 代々木上原サロン
東京にて特別コースを行う代々木上原スタジオをご紹介いたします。
最深層総合はがし+最深層筋ストレッチ+骨盤トレーニング+矯正+(頭蓋骨、可動域最拡大)コースをトレーニング(施術)を行う特別スタジオとなります。
東京では東麻布スタジオと代々木上原スタジオとなります。

東麻布プライベートサロン(山﨑専用スタジオ)

ストレッチの達人 東麻布サロン
東京にて特別コースを行う東麻布スタジオをご紹介いたします。
最深層総合はがし+最深層筋ストレッチ+骨盤トレーニング+矯正+(頭蓋骨、可動域最拡大)コースをトレーニング(施術)を行う特別スタジオとなります。
東京では東麻布スタジオと代々木上原スタジオとなります。

筋筋膜性疼痛症候群

原因

複数の要因により発生すると考えられている。まず、縮んでいる筋肉への急激な過負荷、足の長さの不一致、骨格系の歪みなどによる筋肉の損傷が基本的な原因と考えられている。また、悪い姿勢、長時間の同じ姿勢により筋肉に負担がかかることも筋筋膜性疼痛症候群を引き起こす原因と考えられている。その他、貧血カルシウムカリウム鉄分ビタミンC/B-1/B-6/B-12不足なども筋筋膜性疼痛症候群発症の一つの要素になっていると考えられている。ただし、筋肉への過負荷等は患者自身に明確な認識が得られない場合もあり、これらの原因に対する自覚認識が無いことが筋筋膜性疼痛症候群では無いことを示すものでは無い。

メカニズム

筋筋膜性疼痛症候群の痛みのメカニズムは以下のように考えられている。筋肉に索状硬結が発生するとその部分で酸素欠乏が起きる。酸素欠乏が起きると血液中の血漿からブラジキニンなどの発痛物質が生成されて、それが知覚神経の先端にある痛みを感じるセンサーであるポリモーダル受容器に取り込まれ、痛みの電気信号に変換され神経を伝わり脳に達し、痛みを感じる。

また、脊髄は筋肉からの痛み信号をとらえて、無意識のうちに自律神経の一つである交感神経を働かせて、さらに索状硬結が発生している場所、及び周辺の筋肉の血管収縮を行わせる。その結果、再び酸素欠乏が発生し発痛物質が生成されて、痛みがさらに強くなると同時に、痛みの場所、範囲も広がる。このような脳や脊髄の働きにより痛みの連鎖が発生する。
                        Wikipedia より引用

筋膜
近年、筋膜に関して多くのメディア等で紹介されていますが、その影響で便乗しての
効果を疑う施術が現れているのにびっくりしております。
筋膜ほぐし、筋膜マッサージ筋膜をほぐしたりマッサージなどの施術で筋膜の癒着や、チジミねじれが解消とは
考えられません。なんでもいいから筋膜を入れればと考えでよいのでしょうか?

柔軟の秘密 https://allabout.co.jp/gm/gc/301407/より引用

柔軟性を高めたい……身体の硬さ、柔らかさは人それぞれ

ストレッチをする女性

体が硬いとお悩みの人は多いもの。そもそも柔軟性が高いとどんなメリットがあるのでしょうか?

「体が硬い、柔らかい」という表現はよく耳にしますが、実際に身体の柔軟性はどのようにすれば高められるのでしょうか? 体育の授業や部活動などではよく柔軟体操を行ったものですが、同じように体操を行っても身体の硬い人、柔らかい人と個人によってもその柔軟性は違います。身体を柔らかくするために必要な知識やチェック方法などをご紹介します。

柔軟性を高める方法とは

そもそも「柔軟性」とは筋肉と腱などが伸びる能力のことです。一般的に身体が柔らかいことを「柔軟性が高い」といいますが、柔軟性は大きく2つに分けることができます。

座った状態や立った状態からゆっくり身体を伸ばしていく静的柔軟性、そして動きの中で身体の関節や筋肉が自由自在に伸び縮みする動的柔軟性です。静的柔軟性を高めるには、ある関節が持つ運動範囲を広げることであり、一般的なストレッチはこれを目的に行います。動的柔軟性では、関節が持つ運動範囲の動きやすさを高めることを目的として行います。ここでは静的柔軟性を中心にお話しします。

身体が柔らかく柔軟性があることの効果・メリット

柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります。

■基礎代謝があがり、血行が良くなる
硬いままの身体で生活することは、基礎代謝の低下や血行不良につながります。ストレッチを行い、柔軟性を高めることは筋肉を動かして代謝を高めるだけでなく、筋肉のもつポンプ作用を利用して血行を改善させます。基礎代謝があがることはダイエットにも有効ですし、血行が良くなることは手先や足先の冷え症改善につながります。

■疲労回復に効果がある
運動や日常生活でたまった疲労物質などは、血液に乗って運ばれ分解されます。血行が良くなるとこの循環が早くなるので、疲労回復に効果があります。

■肩こりや腰痛の改善にも役立つ
筋肉の張りやコリなどは、肩こりや腰痛の大きな原因の1つです。柔軟性が低いと関節により大きな負担がかかり、痛みを引き起こすことも。筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善させることができます。

■運動をするときのケガの予防になる
ストレッチを行い、柔軟性を高めると筋肉を動かすことにより、筋温が上昇します。運動前のウォームアップなどで行うと、運動によるケガや筋肉痛をある程度予防することができます。逆に筋温が十分に上がらない状態で運動を始めてしまうと、筋肉や関節を痛める原因ともなってしまいます。

■心身の老化予防にも
身体を動かして柔軟性を高めることは、心と身体をリラックスさせて緊張を解きほぐすだけでなく、心身の老化予防に効果があるといわれています。

柔軟性セルフチェック……あなたの身体の硬さ・柔らかさは?

自分の柔軟性をチェックしてみましょう。日常的に運動をする習慣のない人は、筋肉の張りやコリなどで身体が硬くなっているかもしれません。自分の身体の状態を知り、柔軟性を高めるためにもまずは現状を把握することから始めましょう。

1. 背中で手が結べますか?
背中で手と手がつかめると肩の柔軟性はかなりよい

背中で手と手がつかめると肩の柔軟性はかなりよい

左右どちらも比べて行ってみましょう。手と手の間が5cm以上離れている場合は肩の柔軟性が低い傾向にあります。どちらか一方のみ手がつく場合は、柔軟性に左右差があります。





2. 前屈して足首がつかめますか?
膝をまっすぐ伸ばして足首をつかんでみましょう

膝をまっすぐ伸ばして足首をつかんでみましょう

長座の姿勢になり、膝を曲げないで足首をつかむように前に身体を倒します。足首がつかめない場合は、腰背部およびハムストリングス(太ももの裏の筋肉)の柔軟性が低い傾向にあります。




3. 肘がまっすぐ伸びますか?
腕をまっすぐ伸ばして手首を軽くそらせます

腕をまっすぐ伸ばして手首を軽くそらせます

片方の手でもう片方の手首を持ち、肘を伸ばします。肘がまっすぐ伸びない場合は、手首を手前に曲げる筋肉群の柔軟性が低い傾向にあります。肘関節を形成する骨の配列(アライメント)に問題がある場合もあります。




4. かかとがお尻につきますか?
うつぶせの状態になり同じ側の手で足首を持って行います

うつぶせの状態になり同じ側の手で足を持って行います

うつぶせの状態になって足がお尻につくかどうかをチェックします。かかとがお尻につかない場合は、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の柔軟性が低い傾向にあります。左右どちらとも行ってみましょう。




5. 前屈して肘が床につきますか?
痛みがある場合はムリをせず、できる範囲でチェックしましょう

痛みがある場合はムリをせず、できる範囲でチェックしましょう

開脚した状態からゆっくりと身体を前に倒していきます。脇をしめた状態で肘が床につかない場合は、ハムストリングスや内転筋などの柔軟性が低い傾向にあります。





6. 膝を伸ばして90度あげられますか?
膝を曲げずにゆっくりと足をあげます

膝を曲げずにゆっくりと足をあげていきましょう

仰向けになり、両手で足の膝裏を持つようにしてゆっくりとあげていきます。床面から見て90度までいかない場合は、ハムストリングスや臀部(でんぶ:お尻のこと)の柔軟性が低い傾向といえます




柔軟性を高めるために覚えておきたいストレッチのコツ

柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです。ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。効果を出すためには、日頃から行い、筋肉や腱を伸ばしていくことが大切。

実際のストレッチ方法については「簡単!タオルストレッチで身体を伸ばそう」「準備運動・基本のダイナミックストレッチ」などを参考にしてください。ストレッチに関するさまざまな書籍なども数多く出版されています。

効果的に柔軟性を高めるために、ぜひ覚えてもらいたいのがストレッチを効果的にする5つのコツです。

  1. 身体が温まった状態で行う(入浴後、軽い運動後)
  2. 反動をつけず、ゆっくりと20~30秒かけて行う
  3. 息を吐きながら行う
  4. 伸ばす筋肉を意識する
  5. 継続して行う

これらのコツを意識して行うだけでもストレッチ効果は高まり、柔軟性アップにつながります。身体と心をほぐして日々の運動不足を解消し、健康的な生活を送りましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

靖国神社

靖国神社9月11日
9月10日~12日まで東京での施術のため10日早朝より大阪から出発!!
9月11日少し時間が取れたため宿泊先から15分ほどの場所にある靖国神社へ参拝に行きました。
靖国神社に近づくにつれシーンとする様な空気感でした。
参拝後、朱印帳に御朱印を頂きました。


最高のパーソナルストレッチをお客様に ストレッチの逹人 筋 膜はがしストレッチ、肩甲骨はがしストレッチ
骨 盤はがしストレッチ、頭蓋骨はがしストレッチ登録商標

全国共通お問い合わせ番号

TEL:0120-999-212

新宿店

〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-16-7

心斎橋店

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-13
【地下鉄・心斎橋駅すぐ】

西宮店

〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園1-8-11
【阪急・西宮北口駅すぐ】

奈良店

〒631-0036
奈良県奈良市学園北1丁目8-8
【近鉄・学園駅前すぐ】

名古屋店

〒450-0001
プライベートスタジオの為ご予約時お知らせします
【山﨑中医学博士専用スタジオ】

福岡店

〒810-0041
プライベートスタジオの為ご予約時お知らせします
【山﨑中医学博士専用スタジオ】

モバイルサイト

ストレッチの逹人スマホサイトQRコード

ストレッチの逹人モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!