筋膜日本初!はがし・パーソナルストレッチの「ストレッチの逹人」

日本初!筋膜をはがすことで筋肉の癒着を改善し可動域を向上させる最高のパーソナルストレッチです

Blu

HOMEブログ ≫ ジャストヘルスより ≫

ブログ

ジャストヘルスより

(「ジャストヘルス」法研より)
背骨はゆるやかなカーブを描いて体のバランスを保っている。正しい姿勢を保つにはおなかに軽く力を入れる。ゆがみ予防に縮こまった筋肉を伸ばして腹筋・背筋を鍛えよう。
理想的なカーブが描ける姿勢が正しい姿勢
骨格の中でも芯の部分にあたる背骨は、体を支えるとても重要な役割をしています。人間は、背骨がゆるやかなカーブを描くことで体のバランスを保っています。背骨は後ろから見るとまっすぐですが、横から見るとゆるやかなS字カーブを描いていて、このカーブが頭や腕などの重さをバランスよく分散させ、重力に逆らって2本足で立ったり歩いたりすることを可能にしているのです。
だから、背骨が最も理想的なカーブを描いている姿勢が正しい姿勢といってもよいでしょう。横から見ると、耳、肩、足の付け根、ひざ、くるぶしが地面から垂直に伸びた1直線上にあるとき、背骨のカーブは自然な位置に保たれています。この状態で肩の力を抜いておなかに軽く力を入れると、正しい姿勢がキープできます。
姿勢が悪いと肩こりや腰痛の原因にも…
仕事中の姿勢や普段のクセが習慣化して悪い姿勢を続けていると、体のバランスが崩れて背骨がゆがむことがあります。ゆがみがひどいと、一部の筋肉や骨に負担がかかって肩こり、腰痛などの原因になるだけでなく、内臓を圧迫したり自律神経に影響を及ぼし、全身の不調を招くこともあるので注意が必要です。
猫背になりやすい人の特徴
体が前かがみになった猫背の姿勢を続けていると、首から胸にかけてのカーブがなくなり、体の重心が前にずれてしまいます。この姿勢では頭の重みを背骨だけでは支えられず、首や肩の筋肉が緊張して首こり、肩こりの原因になります。それだけでなく、体全体が前のめりになって腰のカーブも消失し、腰痛をおこしやすくなります。
1日中デスクワークで気がつくと前かがみになっている人、立っていてもうつむきがちの人などは、猫背になりやすいので気をつけましょう。また、背筋が弱くても猫背になりやすいので、イラストを参考に腹筋のストレッチをし、背筋を鍛えましょう。
姿勢が悪いことを自覚しづらい反り腰
一方、自分ではよい姿勢をとろうとして、「反り返り」になってしまっている人もいます。腰の反りが強くなって、体の重心が後ろにずれている状態です。姿勢が悪いことに気づいていない人が多いのですが、横から見るとおなかをつき出したようになっているのがわかります。これは腹筋の衰えが原因です。
あお向けに寝て、反動をつけず腕の支えもなしで起き上がることができなかったら、腹筋が衰えている証拠。こんな人は背筋のストレッチをし、腹筋を鍛えましょう。
ゆがみの予防にはストレッチと筋力維持が大切
仕事中など長時間同じ姿勢でいると、筋肉が緊張して硬くなり、血行不良になります。これが習慣化すると、背骨が凝り固まった筋肉に引っぱられて、ゆがみをおこしてしまいます。仕事中でも30分に一度は姿勢を変え、1日の終わり、入浴後などに、縮こまった筋肉をストレッチで伸ばしてあげましょう。
また、筋力が弱いと背骨を支えることができず、体のバランスが崩れやすくなります。同じ姿勢を長く続けるのが辛いといった場合、筋力が衰えている可能性があります。日ごろから適度な運動を行って筋力を維持することが大切です。
そして立っているときも、座っているときも、腹筋に力を入れて正しい姿勢をキープすることをこころがけてください。
 
最高のパーソナルストレッチをお客様に ストレッチの逹人 筋 膜はがしストレッチ、肩甲骨はがしストレッチ
骨 盤はがしストレッチ、頭蓋骨はがしストレッチ登録商標

新宿店

TEL:0120-999-212

〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-16-7

心斎橋店

TEL:0120-997-779

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-13
【地下鉄・心斎橋駅すぐ】

西宮店

TEL:0120-935-868

〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園1-8-11
【阪急・西宮北口駅すぐ】

奈良店

TEL:0120-956-199

〒631-0036
奈良県奈良市学園北1丁目8-8
【近鉄・学園駅前すぐ】

モバイルサイト

ストレッチの逹人スマホサイトQRコード

ストレッチの逹人モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!